eluはクリエイターがデジタルデータを
販売できるサービスです

音楽理論(Music Theory)

PDFファイル

購入するとオリジナルがダウンロードできます

限定販売数

 / 1000

ご購入金額

¥ 1,000

この商品を最初に購入した人

この商品を購入した人

楠橋かおりKentaro大畠宗宏Katsumasa

商品説明

音楽理論書というと、分厚く、開くと文章がダラダラと続き、細かい字でびっしり文字が書かれた、そんな理論書を読むのは嫌だ!という方に特におすすめです。

必須な音楽理論を30項目に分け、読み、理解し、さらにワークアウトページが付属しているので、書き込みをすることで、効率的に脳に焼き付けていきます。
第1章 音部記号(Clef英)と、音の長さについて
第2章 反復記号について
第3章 メジャースケールについて
第4章 ナチュラルマイナースケールについて
第5章 音程(Interval)について
第6章 音程について
第7章 和音(Chord)について
第8章 四和音について
第9章 拍子と拍子記号などについて
第10章 メジャーダイアトニック(三和音)について
第11章 四和音のメジャーダイアトニックについて
第12章 ナチュラルマイナーのダイアトニックについて
第13章 音符の略記法について
第14章 移調(Transposition)について
第15章 テンポについて

第16章 ハーモニックマイナースケールについて
第17章 ハーモニックマイナーのダイアトニックコードについて
第18章 メロディックマイナースケールについて
第19章 メロディックマイナーのダイアトニックコードについて
第20章 音程の転回形について
第21章 和音の転回形について
第22章 アベイラブルノートスケールについて1
第23章 アベイラブルノートスケールについて2
第24章 メジャーダイアトニックの機能について
第25章 マイナーダイアトニックの機能について
第26章 複音程について
第27章 前の章からの音程のまとめ
第28章 マイナーでのアベイラブルノートスケールについて
第29章 ダイアトニックで取り上げられないスケールについて
第30章 奏法に関する記号や用語について

2021.08.29日 販売開始

利用可能な用途と禁止事項について

この作品は作者様から以下の利用用途を許可しています。
ご購入前に必ずご一読ください。

改変不可

商用利用不可

二次利用不可

ファイル形式

pdf

0

ファイル容量

1.77MB

出品者に関わる情報

特定商取引法に基づく表記

末松一人さんの他の作品

¥ 500

販売数

/1000

PDFファイル

¥ 500

販売数

/1000

PDFファイル

¥ 2,000

販売数

残りわずか /20

PDFファイル

¥ 500

販売数:SOLDOUT /20

¥ 5,000

販売数:SOLDOUT /10

PDFファイル

購入済みの方用

この商品を通報する